稽古のあとはすぐに洗濯しましょう

汗や皮脂は時間が経つほど落ちにくくなります。黄ばみ、カビ、臭いの原因になりますので、稽古のあとは時間を置かず、すぐに洗濯するようにしましょう。
1
道着を裏返す
肌に触れている内側の方が、より多く汗や皮脂が付着しています。道衣の上下とも、洗濯前に裏返しにしましょう。
2
洗濯機に道衣だけを入れる
道衣は大きい衣類なので、たくさんのものと一緒に洗おうとするとすすぎが不十分になってしまうことがあります。
また、色移りするものと一緒に洗うと白い道衣が台無しになってしまうので、道衣単体で洗うことをおすすめします。
3
洗剤は弱アルカリ性がおすすめ
洗浄力の強い「弱アルカリ性」の洗剤が、道衣の洗濯にはおすすめです。液体でも粉末でもOKです。
「中性」の洗剤は、弱アルカリ性に比べて洗浄力が弱く、稽古で汗を吸った道衣を洗うには物足りません。
4
柔軟剤は必要に応じて
形用道着で張り感を保ちたい場合は、柔軟剤は不要です。
逆に組手用道着で柔らかく仕上げたい場合は、柔軟剤を使用しても良いです。
5
すすぎ注水を多めに設定する
洗剤で汚れを分解できても、そのあとにきれいな水ですすぎをしっかり行わないと「汚れ戻り」が起こります。
洗剤によっては「すすぎ1回でOK」などの記載がありますが、その場合でも「すすぎ2回」がおすすめです。
さらに、「すすぎ注水」=「水を取り替えてすすぐ」の設定のほうが、汚れを落としきることができるのでおすすめです。
6
乾燥機能は使わない
道衣の縮みが起こってしまいます。また、生地を傷めますので、洗濯機の乾燥機能は使わないようにしてください。
7
洗濯後、すぐに陰干しする
洗濯機の中に長時間置いておくと、道衣にも洗濯機にもカビが発生してしまいます。
洗濯が終わったらすぐに取り出すようにしましょう。

また、紫外線は生地を焼いてしまい、色が変わったり傷んだりしてしまいます。
陽の当たらない場所に干しましょう。

<陰干しに良い場所>
・風の通る屋外で、陽の当たらない場所
・直射日光の当たらない室内で、扇風機などを当てる

いつものお洗濯 完了
上衣の襟や、ズボンの腰紐部分などは乾きが遅くなります。
完全に乾いているのを確認してから、畳みましょう。
1
道着を裏返す
肌に触れている内側の方が、より多く汗や皮脂が付着しています。道衣の上下とも、洗濯前に裏返しにしましょう。
道衣とわたし 〜いつものお洗濯 編〜
稽古のあと、これだけはやろう。
とある空手家の日常的なシーンからはじまります。稽古のあと疲れていても、これだけはやっておきたい「いつものお洗濯」の手順をごらんください。

よくある質問

よく聞かれる質問をまとめました
  • Q
    液体洗剤と、粉末洗剤はどちらが良いのでしょうか?
    A
    どちらを使用しても問題ありません。
    液体よりも粉末のほうが汚れが落ちやすいという特徴があります。

    ただし、粉末は水に溶けるのに時間がかかり、特に気温の低い冬場はうまく溶けないことがあります。
    また、すすぎ不足が原因で「洗剤残り」となり、粉が付着した仕上がりになってしまうこともあります。粉末を使うときは、しっかり溶かし、すすぎをしっかり行ってください。

  • Q
    お風呂の残り湯は使っていいですか?
    A
    残り湯には皮脂汚れが浮かんでいますので、洗濯に使うことはおすすめしません。
  • Q
    日光に当てて干すのはだめでしょうか?
    A
    紫外線が生地を焼いてしまうためおすすめしません。

    ただし、日光の殺菌効果を求めてどうしてもという場合は、夏場でお天気が2〜3日続いている日の、もっとも陽が高いお昼の時間帯に、3〜4時間で一気に乾かしきるようにしてください。扇風機を当てると乾燥時間を減らすことができます。
  • Q
    血液汚れはどうしたらいいですか?
    A
    何度も水で洗ってすすぐ事を繰り替えし、薄くなったら洗濯機で洗ってください。
    40度以下の低い水温が効果的です。

    酸化した鉄などを分解する「還元系漂白剤」の使用も効果的ですが、色落ちのおそれがあります。
    白い部分のみにし、刺繍などにつかないよう注意してご使用ください。
  • Q
    化粧品(ファンデーション)がついた時はどうしたら良いでしょうか?
    A
    重曹1:酸素系漂白剤1:食器用洗剤数滴 の割合で40度のぬるま湯に溶かし、ファンデーションのついた箇所をこすり洗いすると落ちやすいです。
  • Q
    日光に当てて干すのはだめでしょうか?
    A
    紫外線が生地を焼いてしまうためおすすめしません。

    ただし、日光の殺菌効果を求めてどうしてもという場合は、夏場でお天気が2〜3日続いている日の、もっとも陽が高いお昼の時間帯に、3〜4時間で一気に乾かしきるようにしてください。扇風機を当てると乾燥時間を減らすことができます。

お問い合わせフォーム

道着の取り扱いでご不明点があれば、
こちらからお送りください
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信
利用規約・プライバシーポリシーをお読みの上、同意して送信して下さい。